もうすぐやってくる5Gの世界

ラグビーワールドカップが終わった。

日本は初めて決勝Tに進みベスト8に名を連ねた。
勝てないと思っていた相手に勝った。アイルランド、スコットランド…。
優勝は南アメリカ、決勝戦も見ごたえがあった。
日本中がラグビーに魅せられ、にわかファンになって、大会を盛り上げた。
ワールドラグビーの会長は大会を総括して、日本に対して感謝の言葉を発信している。
素晴らしく、謙虚で、歴史的なホスト国であったと。
優勝した南アメリカの選手たちが勝利の後、観客席に感謝のお辞儀をしたのは印象深かった。
決勝戦だけでなく他の試合でもよく見られた光景だったようだ。

この大会が歴史的だったのは、ゲーム観戦においても驚きの連続だった。
VR(バーチャルリアリティ)がとてつもなく進化していたからだ。
VRゴーグルを利用すれば、まるで自分がグランドにいるように観戦できる。
そんな体験ができるファンゾーンをNTTドコモが提供していた。
こんなことを可能にしたのが、高速大容量の次世代通信”5G”だ。

歴史的だったのはラグビーの試合だけでなく、スポーツ観戦も。
この”5G”がオンラインゲームの世界を画期的に変えていくことになるのは、簡単に想像できる。

Follow me!