eスポーツ市場成長


eスポーツの市場規模が成長している

日本では2018年の市場規模が48.3億円

少ない感じかもしれませんが前年比では13倍と急成長 2022年には100億円に迫りそう

世界でみると2019年が1,210億円前年比26.7%増 2022年には2,000億円との予測も

だからいろんなスポンサーが注目 いままでとは違ってスポンサーの業種が広がってきている

日本コカ・コーラ、三井住友銀行、ローソングループ日清食品、日産自動車、久光製薬など

今の若い人はテレビを見ない eスポーツの世界こそCMの効果が大きいと見ている

 

オリンピック種目


いつからこんなにeスポーツが認められ始めたんだろう
最初はただのゲームだよって感じだったけど
アジア大会だとかオリンピックがとか国体も

なんだか本当のスポーツみたいになってきている

2018年アジア競技大会エキシビジョンが最初

実はIOCは厳しい見方をしているらしい
2022年の中国杭州アジア競技大会でも
未だ正式種目ではないとのコメントも

日本では茨城国体で文化プログラムとして注目された
全国都道府県対抗eスポーツ選手権が開催された
一般の部のほかに少年の部もあって注目された
部活としてeスポーツを取り上げる高校が増えている

そもそもなぜ国体でeスポーツだったのか
きっかけを知って驚いた

国体の認知度を上げるためにダンスコンテストを開催
優勝したのは水戸聾学校チーム
音が聞こえなくても優勝するぐらいダンスが上手!!!
ならば障碍者も一緒にできるものとしてeスポーツ大会となった!

これには日本eスポーツ連合JeSUが協力
さらにJeSUは全国に支部をもつ日本サッカー協会に協力を仰いだ
そんな風に話が大きくなっていったそうだ

都道府県の魅力度ランキングが連続最下位だった茨城県
それを単とかしようと地元の経済界も賛同してくれた

すごいよね!
eスポーツが人を動かして大きなことをやってのけた!
もちろん賛否両論があったり、まだまだ問題が多いけど
人の心を動かす力があるってのがすごい!
もちろんそれはeスポーツそのものじゃなくて
実現しようとする人のパッションだよね!



5G元年は2019年


パシフィコ横浜で行われた ET & IoT Technology 2019
今回の基調講演は貴重な情報が多かった

【5G元年は2019年】
5Gの商用サービスが始まるのは2020年だと思っていた
実は既に規格の標準化が進んでいるらしい
参入している通信事業者や機器メーカーの数は
4G初期と比べて10倍に近いそうだ
そういえばラグビーワールドカップでは5Gが宣伝されていた
もう始まっている のんびりはしていられない

【ローカル5G】
5Gのサービスは何も携帯キャリアばかりじゃない
特定の敷地内や建物内などに限られたエリアで運用
そんなローカル5Gが注目されている
たとえば工場内でのローカル5G
産業用ロボットの制御ならそれほど通信速度はいらない
しかし大量の画像処理を導入するとなれば高速大容量の通信回路が必要になる
これを可能にするためにローカル5Gが期待されている

ならばオンラインゲームの世界
e-Sportsの大会などローカル5Gによって
今までとはスケールの違う世界が広がるはずだ
おそらくもう始まっている

5G 政策 国体でeスポーツ

全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI

2019年10月いきいき茨城ゆめ国体でeスポーツの選手権が行われた

ゲームは

  • eFootball ウイニングイレブン 2020
  • グランツーリスモSPORT
  • ぷよぷよeスポーツ
国体の実行委員会日本eスポーツ連合日本サッカー協会の共催

いよいよ高校部活化に燃えているよね

教育の場としても、チームプレイのコミュニケーション能力が必要とされ、勝つための戦略性が教育にも魅力だとか

確かに個人で楽しんでいるより、部活にした方が仲間も増えるし、責任感も生まれる

公立高校では、いろいろ議論されてはいるようだけれど。それでも、けっこうなスピードで動いているような…

協賛企業

スポーツの大会規模が大きくなるには、スポンサーの協賛がどれだけ得られるかにもかかっている

日本のeスポーツの協賛企業も増えてきていて注目されているのがよくわかる

たとえば、2月に行われた格闘ゲームの祭典「EVO Japan 2019」の協賛は、NTTドコモ、インディードジャパン、日清食品、日産自動車、久光製薬などなど

それに「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018」は、

共催が 日本野球機構コナミデジタルエンタテインメント
協賛が ソフトバンク、日本コカ・コーラ、三井住友銀行、ローソン

リアルに協賛していたスポンサー企業が、eスポーツも対象にしたり、乗りり換えたり

若いファンがこれだけ増加してくればマーケティングのツールとしても注目されるってことだね

eスポーツの世界

あつい世界が広がっている eスポーツ electronic sports

世界で プロのゲーマーが戦っている
なかでも もっともプレイヤー数が多いとされているのが
ゲーム会社Riot Games(米国)が開発したLeague of Legends

もちろん日本にもプロのゲーミングチームがある
それが Burning Core(BC)

ちゃんと パートナシップ契約した会社もある
去年の夏 有機ELディスプレイのメーカー株式会社JOLED(ジェイオーレッド)と契約を締結している

これは意味が深いよね
有機ELディスプレイの性能をeスポーツ向けのディスプレイでアピールしていこうということだよね

あつい世界が広がっている